蓮沼執太 富山アンビエントをさがす /

Shuta Hasunuma in search of Toyama Ambient

Leaflet Artwork and Design

at Toyama Prefectural Museum of Art and Design

October 28th, 2018

富山県美術館で2018年に開催された音楽家の蓮沼執太さんと詩人の大崎清夏さんによるワークショップ「富山アンビエントをさがす」のフライヤーを作成しました。

 

ワークショップはフィールドレコーディングとパフォーマンスの二部から構成され、第一部では大崎さんからの問いに参加者が答えながら富山の公園を散策し、第二部ではレコーディングされた散策の音へ富山の伝承や参加者の応答が織り交ぜられ、さまざまな時制を反復しながら音と言葉が重ねられました。ワークショップ終了後には参加者へ音源と詩のプリントが封入された記録集が送付されました。

フライヤーの作成にあたって蓮沼さんにワークショップの構想と散策ルートを伺い、歩く過程で目にする景観を元にドローイングを作成しました。それらのドローイングにアンビエントの要素の応用として輪郭やシーケンスを取り外し組み直す編集を加え、アートワークが作成されています。

event details

https://tad-toyama.jp/exhibition-event/5812